キッチン交換リフォーム

以前、実家のお風呂のリフォームをやったことがあり、
喜んでくれて両親はリフォームが相当気に入ったようで、今度はキッチンのリフォームをすることになりました。
お風呂のリフォームをやってくれて業者さんへ連絡をして、また見積りをお願いすることになりました。

私の実家のキッチンはそうとう古く扉もガタガタしていて、ガス台もボロボロ。
いわゆる昔ながらのキッチンです。

今回はLIXILのキッチンを選定して入れてもらうことにしました。今のキッチンは本当に優れていて、シンクもステンレスではなく、人工大理石で、スッキリしてて、扉も観音開きではなく、引き出しでたっぷり収納。
両親が年齢がいってるということも考慮して、吊り戸に棚が降りて来る昇降ラックというのを、つけてもらいました。
こらは本当に便利で、ラックを引っ張ると、目線の高さまでラックが降りてくるので、高い台に乗って危ないおもいをしながら吊り戸の物を取らなくて良いのです。これには驚きました。

近年の設備は本当に優れてるなと思いちょっと浦島太郎状態でした。
そうして、設備の仕様も決まり、金額も決まり、工事を待つだけとなりました。

工事の前日、担当さんが、ご挨拶にきてくれて明日の段取りを、説明してけれました。また、解体等で音がうるさいので、お隣さんやお向かいさんにきちんと挨拶をしてくるとのことなので、私も一緒に、挨拶に行きました。私たちだけではなく、きちんと隣近所にまで気を配っていたはだけるのは本当にありがたいです。
どの業者さんもやることなのかもしれませんが、この担当さんは本当に丁寧に挨拶回りしてくれてました。
感謝です。

そして、工事当日。解体作業が1日。配管作業が1日。
搬入組立、最終処理で1日の計3日で新しいキッチンへと生まれ変わりました。お風呂のときと同様、この生まれ変わっていく姿は本当に嬉しくなり、感動します。
早速新しいキッチンに鍋やらヤカンやらをしまっていくのですが、そこで驚き。
引き出しにしたからか、収納に余裕が出てきました。

今までキッチンの上に、おいてた物をも中にしまえて本当にスッキリしました。これは有り難かったです。
こんなことならもう少し早くリフォームしておけばよかったなと思いました。
今回も満足いくリノベーション会社でした。